• 化粧水に含まれるビタミンCとは?

    化粧水によく含まれる成分にビタミンCというスキンケア成分がありますが、具体的にどのような効果があるかご存知ですか。
    また、化粧水に含まれるこのスキンケア成分は野菜や果物に含まれるものと同じなのでしょうか。


    まず、スキンケアに含まれるビタミンCの多くは植物に含まれるものと異なる形となっています。
    ビタミンCというと、レモンやアセロラなどに多く含まれるイメージがありますが、このような形はそのままでは壊れやすく、肌に塗ってもその効能を肌内部に届けることができません。

    そのため肌内部に浸透しやすくするため誘導体という形で配合されています。


    誘導体なら有効成分を壊すことなく、肌内部に届け、そこで有効成分に変換することで効果を得ることができます。

    美白化粧水について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

    そんなビタミンC誘導体の効果は様々です。

    まず、肌内部のコラーゲン生成を促す作用があるため、肌にハリと潤いを戻し、シワを予防・改善する効果があります。
    また、コラーゲン生成と共に肌のターンオーバーを促す効果もあるため、肌荒れを予防する効果もあります。

    T-SITEに関する情報が幅広く集まります。

    さらに、この成分には還元作用があるため、色素沈着してしまったメラニン色素を薄くする効果があるのでシミやそばかすを改善する作用があります。



    このようにスキンケア含まれるビタミンCは多くは誘導体という形で配合されており、肌にハリや潤いを与え、シミやそばかすも予防・改善する効果があります。


    そのため美肌成分として、多くの化粧水に含まれているのです。